Thursday, August 18

サーフィン上達への近道

サーフィンスクール

上達への近道
 

サーフィンスクールに通うメリット
もちろん、身近にサーフィンの上手な人がいれば、その人に習うのが一番かもしれませんが、そんな人ばかりではありませんから、サーフィンスクールに 通うのが上達への近道といえます。

ひたすら海に通い、上手な人と友達になり、知識を盗むということもできますが、まったくの素人には無理なような気がします。
まず、必要な物は何か、どんな波の状態の時に入ったらよいか、正しい知識を得てからにしましょう。(上手な人はうねりが高い方が楽しいですが、ビギナーがいきなり、そんな海に飛び込んだら危険です。) 

ウエットスーツやサーフボードの貸し出しもあり、知識のある者から、学ぶことができ、暗黙の了解?ローカル、ルールーやマナーも学べ、危険なく安心してサーフィンをはじめることができます。
何より、 道具を買い揃えたのに、1回目で、危険な目に合い、サーフィンが嫌いにならない為にも、何回かサーフィンスクールに通うことをおすすめしています。また、そこで仲間ができ、ますますサーフィンのとりこになる事でしょう。


そして、ある程度上達したら、さらに上を目指すために、サーフスクールに通いましょう。今度は、 ただ波に乗るのではなく、技にも挑戦してみましょう。また、本格的にサーフィンをするのであれば、陸でのトレーニングも重要となってきます。上達したら、コーチをちゃんと選んでスクールに参加しましょう。

プロサーファーになるためには、いくつか方法がありますが、日本ではJPSA日本サーフィン連盟のトライアウトに参加し、上位の成績を修めると本選参加の資格が与えられ、本選の成績によって合格が決まります。100人、トライアウトに参加して合格したのは、たったの1人だった年も。 

サーフスクール、サーフィンに関するお問い合わせは、エクアスまで==> http://equis-w.jp/


Wednesday, August 17

新井洋人 x 勝利への道

 新井洋人

今後の日程

コスタリカでの大会後、新井洋人は日本には帰らず、アメリカへと飛び立って行きました。
2016年後半、調子が乗ってきたヒロト。このまま自身の目標のQS世界ランキング100位内に向けて一直線!!!がんばって!!!

今後の予定

Vans Pro Men's Qualifying Series #35 3,000
8月23日から28日。バージニア・ビーチ、バージニア、アメリカ合衆国
 
Pantin Classic Galicia Pro
Men's Qualifying Series #37 6,000
8月30日~9月4日。ア・コルーニャ、ガリシア、スペイン
 
Azores Pro
Men's Qualifying Series #39 6,000
9月6日~11日。サン・ミゲル、アゾレス、ポルトガル
 
Cascais Billabong Pro
Men's Qualifying Series #42 10,000
9月24日~10月2日。カスカイス、ポルトガル
エクアスのブログでも結果をアップデイトしていきますが、ライブでの応援もよろしくお願いします。
ライブはこちらから==> http://www.worldsurfleague.com/
サーフィンに関するご質問は EQUIS WAREHOUSE まで ==> http://equis-w.jp/ 
お気軽にお電話ください。  
 
 

Tuesday, August 16

波乗りジャパン x 試合結果

波乗り ジャパン

ISA 世界大会 の 結果



リパーチャージ(敗者復活戦)を順調に勝ち上がっていた、エメリーのライダー、新井洋人はラウンド7で同じ波乗りジャパンのチームメイト、仲村拓久未と対戦。新井洋人が1位、仲村拓久未が2位のワン・ツー・フィニッシュで2人ともラウンド8に勝ち進みました。
ラウンド8も2人共、順調に勝ち、ファイナル進出が見えたかに思えましたが、、、
ラウンド9で再び、新井洋人と仲村拓久未が同じヒートで対戦することに!
残念ながら、Lucca Messuas と Leandro Usuna に負けてしまいました。
今大会、ここで調子があがってきたのか、 Leandro Usunaが優勝、Lucca Messuasが2位でした。
リパーチャージからの優勝、すごいですね。

2016 INS ISA World Surfing Games 試合結果

新井洋人      8位
仲村拓久未     7位
大野修聖     19位
石川拳大     37位

田代渚沙     13位
大村 奈央    19位

チーム・ジャパン 7位

ブラジル、リオでは白熱した戦いが毎日繰り広げられていますが、寝不足になってませんか?
そんな中、コスタリカで開催されていた INS ISA サーフィン世界大会が一足早く終了しました。チームとして、金メダルを獲得したのは、ペルーでした。
 オリンピック形式で争そわれた今大会、 惜しくもメダルを逃しましたが、東京五輪がみえた?!
東京五輪ではぜったいメダルが取れると思います。なんていったって、地元です。引き続き、一緒に応援していきましょう!!!!!!

写真は ISA のホームページから。
http://isaworlds.com/wsg/2016/en/photos/

Friday, August 12

台風 x サーフィン

台風

波の状態

 

もう台風シーズン?
日本の南海上で、次々と台風が発生しています。いい波がくる?


写真は a Dave Yamaya Priject #sharethestoke から。先日、8月8日に台風5号が接近した後の千葉中央の様子。http://www.share-thestoke.com



台風接近のニュースを聞いて、喜んでいるのは、サーファーだけ???
サーファーとして大切なことは、サーファーとして生きること、実力以上に波が大きい時は海に入らないでくださいね。

波には、”風浪”と”うねり”があります。

” 風浪”とは、風によって発達する波のこと。海面に、波しぶきが立ちますが海の中は穏やかで、波長も短く、波は不規則。

”うねり”とは、波頭が丸みを帯びていて、周期も波長も長く、 サーフィンに最適な波。台風の前後に発生しやすい。 

湘南では、台風が湘南に向かって真っ直ぐに進んでくる場合、台風上陸の2,3日前に大きな波(うねり)が期待できます。

千葉では、台風が太平洋上に抜けた後、風が穏やかになり、いい波(うねり)だけが残る傾向にあります。湘南より千葉の方がうねりが長く残るのが特徴です。

台風上陸中は、「強風圏」となり、風速25m以上で、サーフィンどころではありません。
大事なのは、”うねり”です。強風ではありません。
しっかり、情報を調べてから、出かけましょう。

NAMI-ARU? で波の状態をチェックして。

もちろん、EQUIS WAREHOUSE にお問い合わせいただければ、いろいろな情報をお教えいたします。http://equis-w.jp/

Thursday, August 11

新井洋人 x 高得点

ISA 世界大会

新井洋人

高得点


エクセレント2本で勝ち上がった新井洋人 PHOTO: ISA / EVANS


コスタリカで開催中のISA世界大会で、ラウンド1を勝ち抜き、ラウンド2で惜しくも敗れてしまい、敗者復活戦のリパーチャージへと周った、エメリーのライダー新井洋人がやってくれました!!!

大会4日目、リパーチャージのラウンド2、ヒート10に出場した新井洋人は、17.27という高得点でぶっちぎりの1位!!!リパーチャージ、ラウンド3、ヒート6へと進みました。

2本のエクセレント!!!!!!
ファーストターンから見せてくれました!
スピード、パワー、が感じられるライドで8.10 をスコア。更に続けてバックハンドでチャージを見せ、レールを使ったパワーのあるコンビネーションライディングで9.10のハイスコアでヒートスコア 17.27!!! 調子が出てきましたね。

田代渚沙と大村奈央はラウンド2で惜しくも負けてしまい、敗者復活戦のリパーチャージラウンド2に出場し、勝利。ラウンド3へと進んでいます。

仲村拓久未は、ラウンド3、ヒート4で、アメリカの元CTサーファーであるブレット・シンプソン、昨年の金メダリストであるコスタリカのノエ・マー・マクゴナグル、ペルーのアロンゾ・コレアと対戦し、激戦の末、2位でラウンド4へ進みました!!!

大野修聖は ラウンド3、ヒート1に出場しましたが、敗れてしまい、リパーチャージのラウンド4へとまらりました。

石川拳大もリパーチャージのラウンド2を勝ち進み、リパーチャージのラウンド3へと進んでいます。


チーム・ジャパン!!!すごい!!!
ISAのサイトからライブで応援できます。
http://isaworlds.com/wsg/2016/en/



 PHOTO: ISA / EVANS

サーフィンに関するお問い合わせはEQUIS WAREHOUSEまで。
http://equis-w.jp/



SURFIN' LIFE 9月号 x 湘南オープン

SURFIN’ LIFE 9月号

新井洋人


SURFIN' LIFE 9月号に7月11日から18日まで開催されていた、湘南オープンの特集記事が載っています。


毎年、湘南オープンでは最後まで何が起こるか分からない!湘南オープン2016でも白熱した戦いが観られました。
エメリーのライダー、新井洋人がファイナルでは多くの波に乗り、リズムを掴む作戦が功を奏し、みごとに優勝!
ファイナルで新井洋人と2位の大野修聖が同じ波のライトとレフトにライディングする姿が非常に印象的な試合でした。そんな新井洋人の魅力が満載の記事となっています。



サーフィンだけでなく、ビーチエリアでは、ロングボード、ボディーボード、キッズサーフィンスクールが、パークエリアではスケートボード、BMX、ブレイクダンス、ミュージックライブ、フラダンス、キッズスケートボードと、これでもかといったお祭りになりました。また最終日には ”Def Tech”も登場し、大いに盛り上がりました。まさに夏の始めを告げるフェスティバルとなりました。

その他、サーフィンに関するいろいろな情報が掲載されていますので、ぜひSURFIN' LIFE 9月号を手にとってみてください。そして、新井洋人の魅力を感じてください。


湘南オープンで一緒に盛り上がってくださった方々に感謝しています。
残念ながら今回一緒に盛り上がれなかた方も、来年もありますよ~!!!


東京五輪に向けてもっと、もっと、
みんなでサーフィンを盛り上げて行こう!!!




Wednesday, August 10

サメに遭遇 x 対策

サメに遭遇

確立 と 対策



写真はオーストラリアの雑誌STAB のウエブから

最近、サーフィン天国のオーストラリアでのサメの目撃情報が増えています。不運にも攻撃されてしまい、負傷してしまう者もでています。では、日本ではどうなんでしょうか?

日本の海はオーストライアとは違い、さんご礁が広がっているわけではないので、そこまで気にする事はない(日本でサメに襲われる確立は1年間に一億分の1と言われています。だいたい、1年間に1人といったところでしょうか?)そうは言いますが、、、、7月24日に高知県でサーファーがサメに襲われる事故が起きています。この他にも目撃情報も入ってきています。

詳しい情報は、サメの目撃・出没情報(2016年) (http://www.teguchi.info/dlt/15273/)のサイトから。

では、サメに遭遇しない為には???

1、サメの目撃情報のあった場所にははいらない! あたりまえですね~
2、周りにだれも居ない海に入らない! 
3、海中で尿をしない!
4、整理中、または、体に怪我(血が出ている)をしている場合は海にはいらない!
5、早朝と、夕暮れ時は注意!
6、曇りの日や海が濁っている日は、サメが近づいてきても気が付くのが遅くなってしまうので、注意!
7、金属類や、キラキラした物をして海にはいらない!

では、もし、サメに遭遇してしまったら?

1、水しぶきをたてて、急いで逃げたりしない!
2、もし、1人だったら、大声をださない。周りに複数いるようであれば、大声を皆で出す!
3、写真のように、周りのサーファーと協力して、1列になり自分を大きく見せる! 
4、もし、攻撃してきたら、鼻や目を攻撃する!


とは言いましても、日本でサメに襲われる確立は限りなく低いので、注意していれば、大好きなサーフィンをあきらめるほどではないでしょう。
まだ、まだ、暑い日が続きます。
どんどん、海に行こう!!!

九十九里でサーフィンスクールを開催しています。
その他、サーフィングッツも各種取り揃えております。
お気軽にお問い合わせください。
EQUIS WAREHOUSE 
 http://equis-w.jp/
 




Tuesday, August 9

ISA x チーム・ジャパン

ISA 世界大会

チーム・ジャパン

 


今、コスタリカのプレイ・ジャコで開かれている世界大会の途中結果です。

エメリーのライダー、新井洋人はラウンド1を勝ち抜き、ラウンド2に進みましたが惜しくも、敗退してしまいました。しかしながら、この大会には敗者復活戦があるので、まだまだ、期待大です。

一緒に行った、大野修聖と仲村拓久未はラウンド2を勝ち抜きました!!!
石川拳大もラウンド2で惜しくも敗退、彼も、敗者復活戦にでますので、この大会、まだまだ目が離せません。

Women'sはエメリーのライダー、田代渚沙と大村奈央はラウンド1を勝ち、ラウンド2に進んでいます。 田代渚沙はラウンド2、ヒート3、大村奈央がヒート15に出場します。

今大会は、オリンピック方式で戦っているので、個人でも、チーム・ジャパンとしてもがんばっています。

仲間を応援している様子。


日本からもライブ映像がISAのウエブページ(http://isaworlds.com/wsg/2016/en/)から観られますので、応援、よろしくお願いします。

Go チーム・ジャパン!!!